最近のトラックバック

« 2017年の山 雲取山 | トップページ

第25回日本山岳耐久レース

24回の連続完走目指して参加。
前日まで雨模様、当日は晴れて暑く成った。
11時頃会場到着、受付後招待選手控室へ。
2017hasetune1


写真はFBの友達から借用してます。
ありがとうございます。

何時ものメンバーが顔をそろえて来た。
山岳軍団メンバーが居なくなったのが寂しい。
キャプテンはアドグリの部屋待機していた。
2017hasetune3


12時30分までお昼、準備、ストレッチする。
スタート会場には整列され開会式が始まっている。
今年は、メキシコのタラウマリ族、選手が参加。
ワラーチの元祖の民族、女性が招待選手で走る。
2017hasetune31

2017hasetune4_2

招待選手で最前列に高木さんと並ぶ。
遅いし危険なので側に寄っている。
13時稠度にスタート、トップは一気に全開だ。

2017hasetune41

2017hasetune51


当然次々に抜かれて行くがマイペースで進む。
県道では韮澤さんが手を振って応援してくれた。
坂道を下って行くとトップは橋を越え曲がっている。

2017hasetune52


2017hasetune53


広徳寺手前では、地元のドン、天野さんの声援を受ける。
登り切ってダブルからシングルトラックで大渋滞となる。
15分程は動かず止まったままだった。

渋滞を抜けると流れだしそこそこのペースで動く。
変電所道路では、皆勢い良く走って行く。
今熊神社まではしっかりと走って到着。

ここからは黙々と歩く、選手の列が伸びている。
奥の院までは焦らずのんびりと登る。
既に大勢の選手は大汗をかいている。

風も無く暑い、水の心配が出て来る。
ペースを上げず、汗もかかず、ゆっくり進む。
膝の故障で最初からゆっくりでしたが?

多少の上りでは渋滞ストップが有ったが順調に流れた。
入山峠まで1時間30分、渋滞タイムを除けばままぁー。
階段順番待ちで早川さんと会い写真を!
2017hasetune5


膝の故障の悪化が心配で下りはより慎重に!
醍醐丸まではUPダウンが連続で続く。
以前より大分手前で暗く成って来る。

三国山では多くの選手が休憩。
浅間峠には5時間以上かかりそうだ。
渋滞を考慮しても今までより大分かかる。

ハンドライト、ヘッドライトを出す。
最初のおにぎりを食べて元気復活。
第1関門に5時間12分で到着。
2017hasetune6

風が無く暑い、結構汗をかいてしまう。
2.8㍑持ってスタートしているので充分なはず!
三頭山までは2㍑で行く予定でこまめに給水。

西原峠までは渋滞する事も無かった。
自分のペースで走れて良かった。
しかし何処まで行っても小枝ひとつ揺れない無風。
2017hasetune7


三頭山登りでは選手間が詰まって来る。
ライトの列が山頂に伸びている。
大沢山は通過し非難小屋へと下る。

三頭山山頂には金高さん夫婦がスタッフ。
応援声援受け小休止して補給する。
岩間さんも到着し写真撮影する。
2017hasetune8

後半戦に向かって鞘口峠に下る。
急な下りは渋滞して度々ストップした。
ヤットの事で峠到着、梅沢さんやスタッフに元気を貰う。
2017hasetune91


水も如何にか間に合いそうだ、500残っている。
今回、経口補水液を300持って来た。
脱水にも成らずに月夜見に10時間18分で到着した。

ポカリを1.5㍑給水した、真水は止めた。
シートで補給食食べてたら、前に佐々木さんが居た。
寒く無かったので長居してしまう。

観念してスタートするが、霧が凄い。
ハンドライトをストック持っても使える様にしたが?
急な坂では衝撃でずれてしまい、計算通りで無かった。

ヘッドライトを手に巻き付けてストックを持った。
雨もパラパラ降って来て涼しさも感じた。
トレイルも段々とウエットに成って来た。

御前山の上りも、パワージェルのお蔭で足が動いた。
大ダワまでは前週にフラッグを付けた区間だ。
下り基調だが、大きなピークが4つ有りUPダウンが有る。

大ダワでは大勢の選手が休憩、リタイヤしていた。
ジェルを補給し、チョット休憩して出発。
ここから先は、大ダワナイトランで講習してる区間だ。

大岳山まではコースがイメージできている。
笹道は結構走れるので頑張って走った。
大岳の岩場は多少混雑し渋滞した。

山頂には多少の選手が休憩していた。
雨の心配は無いが霧で何も見えなかった。
下りも同様に渋滞し綾広の滝まで続いた。

水を一気飲みしてダブルトラックを一気に走った。
長尾平の第3関門へ14時間44分で到着。
完走出来ると安心感が出る。

日の出山への上りまで一気に走って行く。
登りは流石に足は動かず歩いて山頂へ。
東京の夜景が綺麗に見えていた。
2017hasetune92


立ち止らず一気に通過して合わない階段を下りる。
つるつる温泉分岐まで来るとライトの明かりが伸びている。
残り10㎞ひたすら走り、歩いて進む。

ラスト5㎞まで来ると明るさも増して来る。
東の空に赤々として太陽が昇って来た。
ラスト2㎞公園に出るライトは要らない。

住宅街に来ると何か泣けて来て涙が出た。
24回連続完走が危なかったスタート時?
下條さんが出迎え、17時間1分でゴール出来た。
2017hasetune9


連続完走が途切れずゴール出来て良かった。
美味しい豚汁を戴き空腹に沁み渡った。
控室に戻り一息付くと喜びが込みあがって来た。
2017hasetune11


今回はワーストタイムと成ったが満足出来た。
昨年は60歳代4位だったがそれはどうでも良かった。
17時間でも10位となり意外だった。
2017hasetune10

« 2017年の山 雲取山 | トップページ

アドベンチャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2017年の山 雲取山 | トップページ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ