最近のトラックバック

« 第24回日本山岳耐久レース(第一関門まで) | トップページ | 第24回日本山岳耐久レース(第三関門からゴール) »

第24回日本山岳耐久レース(第二関門まで)

10分程休憩して第一関門を出発。
大勢の応援者に見送られ三頭山を目指す。
暑くも無く、寒くも無く、動きやすい気温だ。

トップ選手の通過。
Pa090015


浅間峠までの様なUPダウンは無くなる。
走り易いフラットなトレイルが有る。
斜面や根っこで走り難い感は有るが?

走ると給水が欲しくなる、ジェルを摂取すると水が欲しく成る。
スタートから蒸し暑く水を消費して来ている。
月夜見までの残り量が気に成って来る。

西原峠に着いた時は残りが少なく成っていた。
ここから先も走れる区間が多く有る。
あまりペースを上げず無理せず進む。

大沢山登りの滝分岐で腰を下ろして休憩。
普段ここは休まず一気に三頭山へ行くのだが!
脱水気味と足が攣りそうで無理出来なかった。

ヤットの思い出三頭山到着、結構きつかった。
金高さん夫婦がスタッフで頑張っていた。
あまり寒さも感じなく二人に元気を戴き出発。

鞘口峠の下りでチョット渋滞。
少しつつかわして先へ進むが足がピクピクする。
峠から上りになるとまた攣り出してくる。

風張峠で水は無くなった、ハイドロから吸えない。
ここからなら月夜見まで我慢出来るハズ。
お守り代りのレットブルを少しつつ飲む。

車道が出て来ると関門まで近い、2回ほど車道に出る。
水の節約で足も攣り苦しい区間となってしまう。
月夜見山を下って車道に出て明かりが見えてホットする。

9時間37分で第二関門到着、かなり遅くなった。
給水、ポカリ1㍑、水0,5㍑を戴く、ハイドロの調子が悪い。
しっかり休んで、給水、給食、エネルギーを補給した。

« 第24回日本山岳耐久レース(第一関門まで) | トップページ | 第24回日本山岳耐久レース(第三関門からゴール) »

アドベンチャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第24回日本山岳耐久レース(第一関門まで) | トップページ | 第24回日本山岳耐久レース(第三関門からゴール) »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ